~天ヒーリングとは~ 基本編

カタカムナでは、カミ(神)とは、↑こういう神さまのことを指すのではなく、カミ(上)を指すのだといわれています。

川の水は、上流から流れてくる。という、シンプルに「上のほう」という意味なのです。

そして、天も、「空の上」という天と地の天ではなく、
「宇宙を構成しているそのもの」という意味になります。

天(あま)ヒーリングは、このカミからの自然の流れをくっきりと浮かび上がらせ
自分自身の元の姿=天然にもどっていく
ことのお手伝いをするヒーリングです。

ヒーリング中に私がさせていただくのは、ただ手をあてたり、さすったり時々マッサージのように押したり、するだけ。
しかし、その動きのすべてはクライアントさんの叡智の要求に沿って動かすだけです。

ヒーリング中に何が起こるかというと・・・
例えば、



という状態だったとして、



例えば自分であれこれしても、つかみどころがない、変わらないこともある…として、



ヒーリングによって、上流から水が流れ始めます。すると・・・



立ち止まっているもの
自覚のないところで膠着(こうちゃく)しているもの
滞っているもの
自力では動かせない、変えられないもの

などが、自然治癒力のプロセスが始まり、変わる準備のできているものから浄化されていきます。

そして、受けているクライアントさんは、おおむねいい気持ちでウトウトされていることが多いです。
中には過去の事を思い出したり、なにかのイメージを感じられる方もいます。

終了後は、対面の場合はそのまま必要な部分をシェアリングしていきます。
実生活に対してアドバイスが出る事もあります。

遠隔の場合は、翌日以降にメールまたはお電話にて所感をお伝えさせていただきます。

~天ヒーリングとは~ 1時間版編

さらに、 1時間の天ヒーリング(遠隔・対面とも)の場合、以下の特色が加わります。

基本の天ヒーリングではクライアントさん個人の状態を
12次元からアプローチしていくのですが・・・


天ヒーリングをしていると、
「今8次元やってるから~~」
なんて補足情報が伝わってくることも^^

ところが、1時間版ではこのようなイメージです。



↑図としてはこうなります。



天ヒーリング(1時間版)では、
クライアントさんご自身と、それをとりまく環境との接点を探し出していきます。

別の絵をつかってみると

30分、35分が木なら

1時間では森をやる、という風に言えます。

もうちょっと具体的に書いていきます。

ヒーリングを受けよう、と思う時点でクライアントさんは何らかの重荷(悩み)を
せおっているとして・・・



「その重荷がなくなって、どういう風になりたいのですか?」
「その重荷がなくなったら、どんな自分になっていますか?」

と問いをかけても、
「え・・・わかりません」と言う方も、意外と多いものです。

このように、せめて目標やイメージがあると、まだ良いですよね。

ただし。

ここには大きな、囲いがあります。
致し方ない限界ともいえるかもしれません。

というのは、



今いる自分の環境の中で、その答え(なりたいイメージ)を探すしかないことが大半です。

たいていは、過去に今まで自分が見たもの聞いたもの出会ったものを参考にしながら自然とイメージします。

本当に真っ白なところから、正しいイメージをするのは至極難しいはずです。

「どうなりたいの?」と言われて
「こうです」とハッキリ言えるなら、もうその時点でどんどん変化が始まるはずなのです。そうでないなら、その「なりたいもの」はイメージがズレているとしか言いようがありません。

なので、せっかく「ああなりたいんです」と言えたとしても


「どこかで見たことあるアレ、聞いたことあるアレ」

に冷静に振り返るとなっている場合も多いのです。

当人にとっては、みんなが素敵だと認めていたり、
心から憧れていたりして、気がつかないことも多いのですが…。

☆ ☆ ☆

よく、「現実は自分の投影である」と言われます。

しかし、この理論には落とし穴も存在します。

なぜなら


この「接点」は
ラジオのチャンネルみたいなものです。

このチャンネルが合わせている「周波数」が、今の自分をとりまく環境の次元です。

このチャンネルの周波数を変えないと、結局人生大した変化が起こりません。

少し横の席の人との人間関係が良くなったけど、相変わらず給料の低い契約社員のままです。。。
みたいな感じでしょうか(^^;

そしてこのチャンネルが、自分の意図では周波数を変えられなかったりするのです。

その要因は個別にいろいろですが・・・。



チャンネルを変えるとは、どういうことかというと…



この次元の中で自分が奮闘していたのが


このように、 何層にもなるパラレルワールドなイメージです。
そこを通って、別の次元の現実へワープ(というか本来へ向かって帰還)します。

これが、チャンネルの周波数が変わり、自分のいる次元が変わる
ということです。

ただし、誤解のないように言いますが、
これを受けると転職してしまうとか離婚してしまうとか
そういう派手な変化を指すのではありません。

関わるメンバーも舞台も脚本もおなじなのに、なにか世界が違う。
という味わい方になることが多いと思います。

<天(あま)ヒーリングの特徴>

・「この悩みや痛みに対して」など、特定のテーマを最初に設定して、そこへ働くというものではありません。
すべては自動的に起こる事にまかせ、ゆだねていきます。

・なにかのエネルギーを送るタイプのヒーリングではありません。施術者の意識が、「そこに何もない」次元に入ることにより、クライアント自身の潜在自浄作用が働いてプロセスが起こります。

・必要なことしか起こりません。解放されるタイミングでないものは、出て来ません。

・リピート可ですが、次に受ける時は、同じことは起こらず必ず次のステップのものが出て来ます。

・効果の感じ方は個人差があります。当日よりも、翌日~1週間以内に感じられることが多いようですが、あまりよくわからないままだった、という方も中にはおられます。その場合でも、エネルギー的には質が変わっていることは確かです。

・今受けるタイミングではない・受ける必要がない場合もあります。こちらでそう判断させていただいた場合は、ご予約の時点でお伝えしています。

・宗教とは関係ありません。また、医療行為でもありません。

<よく言われるご感想>

・手が温かくて、受けている間気持ちが良かった 

・終わった後、家に帰るとゆるんですぐ眠くなった・たくさん眠った。

・すごく不思議だった。

・とても深いところが動いた気がした。

・楽になった、前向きになった、人間関係が急に変わった、運気が上がった…etc

★イラスト入りのヒーリング事例★ ブログより

(まんが)天ヒーリング事例①  東京記その4

(まんが)天ヒーリング事例②  東京記その5

イラスト入り事例:天ヒーリング

その他の具体的なご感想を、ブログの「ご感想」カテゴリからもご覧いただけます。

トップページ